enひかりを使うならv6プラスも申し込みするべし

enひかりはSoftBank光やドコモ光と同じく光コラボレーションというサービスです。

光コラボレーションはNTTのフレッツ回線を使ったサービスです。

NTTの光回線は全国的にシェアが多くユーザー数は国内ナンバーワンを誇ります。

それだけ信頼があると言えますが一方で課題もあります。

それはユーザー数が増加することで回線が混雑しやすくなるというデメリットです。

光回線はいわば道路と同じようなものです。

多くの車が走れば走るほど混雑するのと同じように光回線も利用者が増えれば、そのぶん混雑します。

混雑するということは速度が落ちるということです。

インターネットの利用において速度が落ちるというのは致命的です。

いくら品質が良いと謳われていても、回線速度が出ないのであれば使っている意味はありません。

そこで光コラボ事業者は速度対策を講じています。

それがv6プラスです。

 

これはenひかりにおいても例外ではありません。

enひかりの場合v6プラスを利用するために月額180円がかかります。

多くのプロバイダでv6プラスを提供しているところは無料がほとんどですが、enひかりはこの点においては費用が発生します。

とは言っても光はそもそも月額料金が他社に比べて格段に安いです。

戸建てタイプは4300円、マンションタイプは3300円です。

それにプラスしてv6プラスを申し込みするとなると戸建てタイプで4480円、マンションタイプで3480円となります。

この料金でも他社の光コラボと比較すれば安いのは一目瞭然です。

 

それではv6プラスというのはどういったサービスなのかご存知ですか?

v6プラスを理解するためには前提としてインターネットの接続方式を知る必要があります。

インターネットの接続方式には大きく分けて2つあります。

1つはPPPoE、もう1つはIPoEです。

 

PPPoEとは簡単に言うと、プロバイダーから提供される ID やパスワードを設定してインターネット通信を行う方法です。

それに対してIPoEはプロバイダーから提供されるID・パスワード設定はしません。

 

まずPPPoEについて説明します。

PPPoEはIDとパスワードを使って設定しますが、これにより決まった通信経路を通ってインターネット接続ができるようになります。

それはNTTの設備である網終端装置を通過することです。

網終端装置とは簡単に言うと高速道路の料金上のようなものです。

必ずここを通過してインターネットに繋がります。

インターネットの速度が低下するという原因の多くはこの網終端装置が混雑するところにあります。

参考:http://techlog.iij.ad.jp/archives/1879

 

網終端装置はNTTの設備で各都道府県ごとに設置されています。

そしてこの設備はプロバイダーごとに振り分けられています。

つまりプロバイダーがそれぞれの都道府県である程度見込み客を想定して、その設備をレンタルしているという状況です。

 

あくまで見込みなので、当然需要が上回り網終端装置が混雑するということは度々起こります。

そうなるとどのような状態になるのかもうお分かりですね。

料金所が混雑して車は全く動かない状態になるのと同じように速度がグンッと低下します。

これがPPPoEの一番の弱点です。

 

これに対してIPoEはこの網終端装置を通過することを避けます。

v6プラスはこのIPoE方式というのを採用しているサービスです。

しかしIPoE方式にも一つ問題があります。

IPoEはIPV6でしか通過できないという点です。

 

なぜIPV6でしか通過できないことが問題なのでしょうか?

それはIPV6の普及率にあります。

IPV6はIPV4に比べるとまだまだ普及率が劣ります。

そのためアクセスしようとするサイトがIPV4にしか対応していないのであれば、IPV6で通信をすることはできません。

これではせっかくv6プラスに申し込んでも役に立ちません 。

 

しかしv6プラスはこれで終わりません。

たとえ通信先のサイトはIPV4にしか対応していなくても網終端装置を避けることができるのが一番の強みなのです。

この部分の説明については以下の画像を見てください。

参考:https://dvdvd.info/4143/

 

 

IPoEという通信はIPV6でしか通信することができません。

つまりアクセスする先のサイトがIPV4でしか対応していないのであれば、この道路を通ることはできないということになります。

この時にv6プラスでは画像のようにIPV6という車の上に、IPV4と言う原付を乗せて通信していきます。

そして目的地周辺になったらその乗り物を下ろしてIPV4通信としてアクセス先に通信をしていきます。

これがv6プラスというものです。

 

これによりアクセス先がIPV4にしか対応していなくても網終端装置を避けることができ、速度低下の一番の要因を避けることができます。

このようにv6プラスは速度低下のトラブルを避ける可能性を大幅に高めてくれるサービスなのです。

enひかりを利用するのであれば必ずv6プラスにも申し込みするようにしましょう。

国内最安値光コラボenひかりの評判を調べてみた

日本にはいろいろなインターネットのサービスがあります。

ドコモ光、ソフトバンク光、so-net光、OCN光などありますが、enひかりというのをご存知でしょうか?

enひかりとはドコモ光やソフトバンク光と同じく光コラボレーションのひとつです。

enひかりが最も特徴的なのは月額料金の安さです。

戸建てタイプで4300円、マンションタイプで3300円という光コラボにすると破格の安さです。

こうしたenひかりですがどのような評判があるのでしょうか。

 

インターネット上で色々調べてみましたが、やはり評判を調べるということになると評判は大きく分かれています。

基本的にネット上の書き込みについては悪い評判が多く書かれることがあるので、良い評判は目にすることはありませんでした。

しかしインターネットのサービスを調べる時にネット上の評判はそれほど参考にはなりません。

なぜかと言うとインターネットというサービスの性質に理由があります。

インターネットのサービスにおける評判とは月額料金もありますが、一番評価としてユーザーが良し悪しを決める基準というのは速度にあります。

安定した速度が出ないインターネットはたとえ料金が安くても悪いという評判を受ける。

これは当然のことです。

しかしその速度というのはユーザーの環境や外部の環境によって異なるため、プロバイダー側問題とは言えません。

そうであっても評判されるのはプロバイダーです。

そのためインターネットの評判というのは、ネット上でよろしくない書き込みが多いのが現状です。

 

実際インターネットが使ってみないとわからないというのが現状です。

速度が出るのか出ないのかは極端な言い方をすると、運任せと言う部分もあります。

なのでネット上での評判を気にするよりも、サポート体制が充実してるのか、月額料金が安いのか、というところで判断するのが本当は正しい判断と言えます。

 

ここでは参考程度に Twitter 上に上がっていた評判を載せてみました。

良ければ参考にしてください。

他のプロバイダドのコモ光、 SoftBank 光でも速度が遅いというような評判は良く出てきます。

しかしこれらは一部の声です。

これがを気にしているとそもそもインターネットの契約自体引くこともできなくなります。

ネットの評判とはそういうものです。

他人がネット上でしている評判を気にするよりも、自分の目で見ていいところを見つけて契約していくほうが良いと思います。

 

ちなみに私はenひかりを推している理由は、先ほどお伝えした料金の安さと他にもあります。

それは契約期間がないところです。

契約時間がないということは違約金もありません。

つまりいつ辞めたとしても解除料がかからないということです。

これは他のプロバイダーにはないとても大きな要因です。

 

もし契約をしてみてあなたの地域、あなたが家で速度が出なかったとします。

そのインターネットサービスをあなたは継続して使いますか?

すぐにでも辞めて他のプロバイダーに変えたいですよね。

そんな時に契約期間があるとどうでしょう?

やめることは簡単にはできません。

しかしもしenひかりで契約していて同じような状況になった時、違約金は発生しないので費用負担は大きく減ります。

(注意)工事費は満額かかるので残債がある場合は注意してください。

 

このようにenひかりは柔軟な契約形態を持っているので、契約をしやすくまたお試しで使ってみるということも可能です。

確かに工事費の残債が残っている場合その分は発生しますが、次の乗り換え先でフレッツ回線を使う場合、その回線は残ってるので工事費の節約にもなります。

そういう意味ではenひかりはとても契約しやすい光コラボレーションです。

ネット上の他人の評判も大切ですが、それ以上にこうした契約のあり方を確認してどのプロバイダがいいか探すのが良いでしょう。

気になる方はenひかりを覗いてみてください。